茨木東ロータリークラブ茨木東ロータリークラブ
リンク お問い合わせ サイトマップ
ご挨拶

会長挨拶

2022-23年度の国際ロータリークラブのテーマは「IMAGINE ROTARY」を掲げてスタートします。そして、2660地区テーマは、「大阪のロータリー100周年を祝おう!」です。どちらも今までにないシンプルな感じの言葉であります。
RI と地区のテーマを一つに表現しているステッカーが、配布されています。



對馬 康全	 会長
對馬 康全  会長
ステッカーの内容説明は、後ほどさせていただきます。
さて、当クラブは、これらを基盤にして、コロナ感染拡大に負けず「常に明るく楽しい雰囲気を作り、進んで参加できる行事の実施」を目標にして活動したいと思います。さらにもう一つの目標として、2024年にはクラブ創設50周年を迎えます。それまでの諸準備を万全にするための、つなぎ役に徹したいと思います。
この年度は、地区行事としてIM 担当クラブとして、来年2月に実施します。現在、平松会員をリーダーにお願いし準備を着実に行って頂いております。

 ・コロナ禍の影響による例会休会
 ・諸般の事情による会員減少
 ・諸行事の未実施
 ・変則的役員人事
 ・思いもよらない出来事が続く最近の世相 等

「つらい事、悲しいことはそんなに長く続かない。また良いことも楽しいこともそうですよ」と瀬戸内寂聴さんは話されていました。この繰り返しが世の当たり前の事であると思う心境に、私は未だ到っておりません。

先程のステッカーの説明
 右側 RIについて
  真ん中の●
   奉仕しようみんなの人生を豊かにするために
   女児のエンパワメント

  7個の●
   重点分野

   ①基本的教育と識字率向上 ②疾病予防と治療 ③母子の健康
   ④平和構築と紛争予防 ⑤地域社会の経済発展 ⑥水と衛生 ⑦環境

 右側 地区の方針 「大阪のロータリー100周年を祝おう!」

1,RIの方針
①ロータリーの中核的価値観
 親睦・高潔・多様性・奉仕・リーダーシップ
②ロータリーの行動計画
③2022−2023年度年次目標
 以上の説明の中で次の表現を、強調し時間を割かれました。
【参加者の基盤を広げる】多様性、公平さ、インクルージョン(D E I)
ロータリーで私たちは、持続可能なよう変化を生むために人々が手を取り合って行動するというビジョンの表現には、多様性があり、公平で、インクルージョン(包摂的)な文化を養うことが不可欠であると強調されています。

2,地区の方針
①地区ビジョン
 私たちロータリアンとローターアクターは◆DEIを実現します
②地区中期3か年目標
③2022−2023年度年次目標
 1.よりインパクトをもたらす
 2.参加者の基盤を広げる
 3.参加者の積極的なかかわりを促す
 4.適応力を高める

3,当クラブの具体的な活動
上記を参考にして、ポリオデーに関する活動、大阪ロータリーの100周年を祝い、さらにクラブビジョンの協議を行い、中期計画を作りましょう。

幹事挨拶

今年度、幹事を拝命いたしました菅原です。
新型コロナウイルスが猛威をふるい、我がクラブの活動にも大きな影響を及ぼしていました。今後においても種々の対策を取っていかなければならないのが現実です。
對馬会長は「常に明るく楽しい雰囲気を作り、進んで参加できる行事の実施」をテーマに掲げておられます。そのためには健康で過ごしていくことが一番大事であり、そうした中で周囲の状況を鑑み、次のクラブ活動へと繋げて行きたいと思います。
会員皆様が安心して奉仕活動にご参加いただけるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。
菅原 学 幹事
菅原 学 幹事